1. ホーム
  2. リースについて
  3. リースとは

リースとは

浜銀ファイナンスではさまざまな形態のリースを取り扱っています。
形態はさまざですが、リースの基本的な仕組みは同じです。

リースの仕組み

リースの仕組み

お客さまがメーカーや販売会社から機器設備を導入されるにあたり、浜銀ファイナンスが代わって購入し、お客さまにリースします。
お客さまはリース期間中、浜銀ファイナンスが購入した物件代金やリース期間中の固定資産税等から算出されたリース料をお支払いください。なお、リース物件は浜銀ファイナンスが購入するため、リース物件の所有権は浜銀ファイナンスに帰属します。

お取引きの手順

お取引きの手順のフロー図

1.物件の選定 お客さまが、メーカー(ディーラー)と打合せのうえ、物件の機種・仕様・価格・納期などを決定してください。
2.見積のご依頼 浜銀ファイナンスへリース料の見積を依頼される際には、メーカー(ディーラー)と打合せのうえで内容の詳細がわかる物件見積書(写)をご提出ください。併せて、メーカー(ディーラー)の連絡先(担当者名)をお知らせください。
3.お見積 ご依頼の諸条件、お預かりした資料をもとにリース料を試算し、お見積書を提出します。
4.お申し込み 浜銀ファイナンスが提示する見積条件で了解されましたら、リースをお申し込みください。その際、会社経歴書、財務諸表(3期分)などの資料をご提出ください。
5.審査 提出された資料をもとに、浜銀ファイナンスにて審査をおこないます。
6.ご契約 お客さまとの合意内容に基づいて、リース契約を締結します。
7.発注 浜銀ファイナンスがメーカー(ディーラー)と売買契約を締結し、物件を発注します。
8.納品・検収 リース物件は、メーカー(ディーラー)からお客さまへ納入します。お客さまは物件の検収の完了後、浜銀ファイナンスあてに所定の物件借受書をご提出ください。同書記載の物件受領日がリース開始日となります。
9.物件代金決済 浜銀ファイナンスからメーカー(ディーラー)に物件代金を支払います。
動産総合保険
リース物件には、偶発的な事故による損害を担保するため、動産総合保険を付保します。
固定資産税
リース物件の固定資産税は、浜銀ファイナンスが申告から納付までおこないます。
物件の保守・管理
物件の保守・管理につきましては、ご購入の場合と同様に、お客さまが費用をご負担ください。
リース期間満了のお取り扱い
リース期間が満了し、お客さまからのリース契約終了の意思表示がない場合には、自動的に再リースに移行します。
中途解約
物件の滅失等による使用不能などの場合を除き、お客さまからの申し出による中途解約はできません。

ページの先頭に戻る